片品村役場

村長あいさつ

トップ > 村長の部屋 > 村長あいさつ

施政方針 村長への手紙

ごあいさつ

H31新年のごあいさつ

片品村は、群馬県の北東に位置しており、面積は約392㎢、周囲を日本百名山の至仏山・日光白根山・武尊山などの2,000m級の山々に囲まれ、高山植物と湿原で多くのハイカーを魅了する「尾瀬国立公園」や「日光国立公園」を有し、高地を生かした高原野菜の栽培も盛んな観光と農業が主産業の村です。

片品村では、第4次総合計画前期基本計画にもとづき、村民皆様の価値観やニーズの変化、地球温暖化や国際観光時代における社会状況を反映させた各施策の推進に努め5年が経過しました。しかし、急速に進む人口減少や少子超高齢化社会への対応など、本村を取り巻く環境は急激に変化し、新たな行政需要に的確に対応できる体制づくりが求められています。

また、新型コロナウイルス感染症拡大により、社会的・経済的な影響を受けましたが、村民皆様の幸せな暮らしの実現に向け、安全・安心なむらづくりが必要となっております。

このような状況を踏まえ、本村の将来あるべき姿や進むべき道筋を検討し、新たなむらづくりの指針である「後期基本計画」と、次代の村を担う若者たちが互いに支え合い、村外から移住される方も安心して暮らせるむらづくりを進めるための「むら・ひと・しごと創世総合戦略」の両計画を一つにしました。

引き続き村民皆様とともに、誇りあるむらづくりに取り組み、人口減少に歯止めをかけたいと思います。

 

今後も、事業を進めていくうえで皆様方に協力をお願いしていくと同時に、限られた財源で最大限の効果が得られるよう事業展開し、決断と実行を心がけ“小さくても輝く尾瀬の郷・かたしなの実現”に向け取り組んでまいります。

 

令和3年6月

 

お問い合わせ先

片品村役場 総務課
TEL 0278-58-2111
FAX 0278-58-2110
Mail soumu@vill.katashina.gunma.jp